モバイルwi-fiルーター比較|おすすめはスマートフォンのwi-fi接続

モバイルWiFiルーターの利点
Wi-Fiルーターについて
データ通信のおすすめ
プロバイダ比較

トップページ >WiMAXモバイルルータ比較> 「ギガ放題」対応のモバイルルータ「W01」「WX01」の重要ポイントの比較



「ギガ放題」対応のモバイルルータ「W01」「WX01」の重要ポイントの比較

WiMAX2+が下り最大110Mbpsから倍の最大220Mbpsの速さにスピードアップ。
それに対応したモバイルWi-FiルータSpeed Wi-Fi NEXTの「W01」「WX01」が登場します。

Speed Wi-Fi NEXT W01
Speed Wi-Fi NEXT WE01

種類が多いことで特徴があるWiMAXですが、今回は単純に「大きさ」や「重さ」「バッテリーもち」などで比較できないものとなっています。

Speed Wi-Fi NEXT
W01
Speed Wi-Fi NEXT
WX01
サイズ 約W120 x H59 x D10mm 約W109×H66×D9mm
重さ 約113g 約97g
対応
ネットワーク
WiMAX 2+
au 4G LTE
WiMAX 2+
WiMAX(ハイパワー対応)
通信方式 キャリアアグリケーション 4×4MIMO
連続通信時間 WiMAX 2+利用時
最大約8時間

LTE利用時
最大約7時間20分
WiMAX 2+(220M)利用時
約6.5時間

WiMAX 2+(110M)利用時
約8.5時間

WiMAX利用時
約11時間

注目ポイントは、「対応ネットワーク」と「通信方式」。

同じサービスなのですが、ここが選択の決め手となります。


キャリアアグリケーション
複数の帯域の周波数を用いることで、基地局の負荷分散と通信の安定化を図るもの
WiMAX2+の場合は、2つの電波(最大110Mbos)を2本束ねて通信

4×4MIMO
世界初の技術。
従来のWiMAX2+の電波で通信、4つのアンテナでデータを同時に送受信するもの。


キャリアアグリケーションは、基地局を対応に切り替える必要があり
一方、4×4MIMOはすでに対応済み。直ぐに通信が出来る状態です。

WiMAX 2+のエリア内だけで済む人は、はじめから範囲が広く使えるWX01、WiMAX 2+のエリア以外でも使う可能性があるならW01という選択になると思います。




Page Top ▲